「ヒルドイドローション市販」タグの記事一覧

ヒルドイドローションがアトピーの保湿に便利です。

子供たちがアトピー傾向にあるため、いろんな塗り薬を塗っていますが、ヒルドイドローションは、お手軽感があって便利です。

ヒルドイドローションとヒルドイドソフト軟膏

ちょっと乾燥しているところなんかにさっと塗れるのがいいですね。

サイズもちょうどいいし、持ち運びしやすいのもポイント。

それにパッケージがピンクなのも、医薬品なのにやさしい印象で、密かに気に入ってます。

形態もローションなので、広範囲に塗ることが多い子供たちも、ベトベト感がなくて嫌がるそぶりはありません。

塗るときもお風呂上りなどでバタバタしていることが多いけど、さっと塗れるところが助かる!

ただ、アトピーの程度によってはしみる時があるみたいで、そういうときはワセリンに切り替えたりします。

でもそれだとベトベト感が子供にとっては嫌みたい。(肌はよくなるんだけど…難しいなぁ)

ちなみにヒルドイドソフト軟膏の方はあまり使用していません。

なぜだろうって、今まであんまり考えたことなかったけど、まず処方されることが少ない。

処方されたことが全くないわけではないけど、ローションでは保湿しきれなそうなときはもう、ワセリンに行っちゃう。

量が多そうで、一度にたくさん使うから、ヒルドイドソフト軟膏だとすぐなくなっちゃうのもマイナスポイントだったのかもしれません。

ヒルドイドソフト軟膏は少しの範囲に使用する方には丁度いいのかもしれませんね!

(大阪府 エマさん)

>>ヒルドイドローションの購入はこちら

>>ヒルドイドソフト軟膏の購入はこちら




肌が乾燥する時にヒルドイドローション使っています。

ヒルドイドローションは、今現在も私は使っているのですが、とても良い薬です。

私はアレルギーを持っていて、アトピーがあり、冬場などは肌の乾燥がひどく、アトピーの症状が悪化してしまうというケースが結構あります。

ですので、このヒルドイドローションは常にお風呂上りに毎日塗るように、皮膚科の主治医に言われているのですが、こちらのヒルドイドローションを塗っていると肌がしっとりするのか、皮膚のアトピーの症状が悪化することはあまりないです。

ヒルドイドローションは薄く延ばして使いますが、顔だったり、色々な部位に使うことができますので、とっても便利です。

腕や脚、体はもちろんですが、さらに顔にも塗っています。

そうすることにより、あまり湿疹が酷くならずにいますし、アトピーの湿疹がひどいときもこちらのヒルドイドローションを塗るととってもましになります。

他の軟膏などはベタベタすることも結構あるのですが、こちらのヒルドイドローションは全くベタベタしないのでさらっとしていて使い心地がいいので手などにも塗ることができますし、べたつきません。

さらに、軟膏の場合は白くなる場合もありますが、こちらのヒルドイドローションは白くならないので、顔などにも遠慮なく塗ることができるのがいいです。

(大阪府 ユウさん)

>>ヒルドイドローションの購入はこちら




冬のカサカサやひび割れにヒルドイドローションが効果的です。

もう長年この体と付き合っていますが、毎年毎年冬の季節は辛いです。

空気の乾燥からくるのかどうかはわかりませんが、冬になると肌の乾燥がひどくて毎年辛い思いをしています。

カサカサでひび割れ気味になることもあり、赤くなったり痒くなったりします。

本当に冬の時期は乾燥肌に悩まされています。

余りにも辛いので皮膚科を受診してもらった薬を常時使ってしのでいるのですが、その薬が高いこと高いこと。

薬の名前はヒルドイドローション。

ピンクのキャップで白い容器の可愛い薬なのですが、効果も良くて使えばだいぶ楽にはなるのですが。

何よりも値段が高くて無駄にはできません。

薬局で200gもらっていましたが、あっという間に札が消えて行きました。

ただのローションなのに、なんでこんなに高いのかしら。

まぁ、市販の乳液や保湿材などと比べれば断然効果はいいので何とも言えない気持ちになります。

いま話題のジェネリックにすると、値段がだいぶ安くなりますよって薬局でいわれましたが、どうもジェネリックというものに抵抗が有る私。

そのときはとりあえず「先発品のヒルドイドローションでお願いします」といいましたが…。

毎年毎年この出費は財布に痛いので、次からはジェネリックにしてみようかと悩み中です。

使い勝手は同じでしょうか。

ご存知の方がいましたら教えて頂けると嬉しいです。

(北海道 O・Tさん)

>>ヒルドイドローションの購入はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ