ヒルドイドローションは病院処方の最強保湿クリーム

病院でもらう保湿クリームの代表といえば、「ヒルドイドローション」です。

ピンク色のパッケージのクリームで、子供を持つ人なら、一度は目にした事があると思います。

赤ちゃんに、使用しても大丈夫なくらい刺激が少なく、ばっちり保湿もしてくれます。

息子も、小さいころから、乾燥が本当にひどくて、このクリームにお世話になっています。

今でも、冬になると、病院で処方してもらって、使用しています。

このクリーム、そのへんの保湿化粧品よりも、かなりの保湿効果があります。

息子の乾燥肌を治すためと朝、晩の1日2回、一生懸命、このヒルドイドクリームを塗っていたのですが、なんと、気付いたら、私の手も保湿されて、すごくしっとりして綺麗な状態を保っています。
手だけですが、若い頃に戻ったようです。

そして、息子の乾燥肌も、このクリームを塗っているとなんとか、治まります。

ちょっと、油断して、忘れてしまうと、次の日にはカサカサ肌になっていますが。

かなりの保湿力なので、化粧品代わりに使用している人も多いようです。

病院で処方してもらえば、かなりリーズナブルに手に入るので、とてもお得です。

このクリームですが、化粧品のように、クリームタイプとローションタイプと2種類あり、それぞれ、使い分けもできるようです。

冬は、しっかりと保湿をしたいので、クリーム。

夏は、すっきりとローションというように、使用することもできます。

このヒルドイドローション、赤ちゃんを含め、家族みんなで使えるので、とても便利です。

乾燥に悩んでいるなら、病院で一度、処方してもらうといいかもしれません。

皮膚科だけでなく、小児科でも、扱っています。

(東京都 わかごんさん)



コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ