「2011年12月」の記事一覧

ヒルドイドローションは安くて効果抜群の保湿剤です。

子どもの肌がカサカサになりやすく病院に行ったところ顔も体にも使えるヒルドイドローションを処方されました。

使用方法は、起床時などちょっとカサついているかなと気になったときに頻繁に使っていました。

ローションタイプはさらっとしているので肌に付けてもすぐになじむ感じで子どもが嫌がることもなく塗りやすいのですごく便利でした。

伸びがいいので広範囲をすぐに塗れるのも、じっとしていない子どもに使うのにとても助かりました。

また手にもべたつかないのでどこでも使いやすいのが良かったです。

ですがローションタイプはさらっとしている分、すぐに乾燥してしまう気がします。

何度も塗る必要があるので、面倒だと思う方はローションではなくクリームの方がいいかな、乾燥し始めなどに使うと良いかなと思いました。

私も肌の乾燥がひどくなってしまったときは、病院でクリームタイプにしてもらいお風呂上りにたっぷり塗って使っていました。

クリームにしてからはベタベタしてちょっと子どもが嫌がったり洋服についてしまうことがありましたが、早く乾燥肌を治してあげるのには必要かなと思いました。

実際お風呂上がりの保湿をローションからクリームにしたことで、子どもの肌の潤いが断然に戻ってきました。

長時間保湿が続くようで最初が面倒でもあとあと楽になる感じです。

市販の保湿剤を使うより保険適応なので、安いですし子どもなら無料で処方されて顔にも使用できるヒルドイドはかなりおすすめできます。

(東京都 みーちゃんさん)




アトピーの傷跡がヒルドイドを塗ることで薄くなった気がします。

アトピー性皮膚炎のため皮膚科に年2回ほど行っています。

そこで必ず処方されているのがヒルドイドです。

乾燥するとかゆみが増し、掻き毟ったところが体質のせいか傷跡となって残りがちなのですが、ヒルドイドを塗ると肌が保湿されかゆみが起きにくくなります。

そして、古い傷跡にも塗っているのですが塗っていなかった箇所と比べて傷跡が薄くなったような気がします。

使用感としてはローションタイプが伸びが良く体全体にまんべんなく塗るのに適しています。

クリームや軟膏はよりしっとりした使用感でひじ・ひざ乾燥の気になるところに重ねづけすると良いです。

においもなく、ベタツキもさほど気になりません。

私のアトピーはだいたいヒルドイドで抑えられているようす。

油断してヒルドイドを塗らないでいるとかゆみが出てくるのでなるべく塗り忘れないようにしています。

そして、アトピーがひどいとき処方されていたステロイドは長期使用すると副作用があるときいていたので使用に対して不安もありましが、ヒルドイドは長期使用しても副作用がないという点でも安心して使用できます。

(秋田県 ぴんぽんぱんさん)

アトピーの治療に親子でヒルドイドをぬりぬりしています。

3歳の息子ちゃんと私はアトピーなんです。

私は、小さい時からアトピーで色々母親に病院から民間療法の怪しげな温泉まで連れて行かれてました。

母は、一生懸命私のアトピーを治してやりたいがための行動だったのでしょう。

しかし、母も疲れ私も心が折れてたので、思春期あたりから、治療はしないで、アトピーだけどほぼ放置状態でした。

結婚して、息子ちゃんがお腹にいるときはなぜかアトピーの症状がすっかり良くなり、治ったんだと勝手に思っていました。

しかし出産してからしばらくすると息子ちゃんにアトピーの症状がみられて、私もアトピー再発。

こりゃあ大変だということで評判の良い皮膚科に行ってみることにしました。するとそこで親子ともども処方されたのがヒルドイド。

息子ちゃんにはクリームの方を、私にはローションの方を処方。

ほんとうにこれでなおるんかいな?と思っていました。

もちろんほかにもひどい所に塗る薬もいただきましたが、ヒルドイドは顔以外に塗るということで、結構多く出されたんですよね。

お風呂上りに息子ちゃんに塗って、私も自分に塗ってとペタペタぬりぬり。

息子ちゃんは塗っているときはいつもご機嫌なんですよ~♪マッサージっぽく塗るからかな?それともかゆくなくなるからかな?

ヒルドイドを塗るようになってから、少しずつだけどお肌が綺麗になっていくのがわかりました。

しっとりと保湿ができている感じがします。

このまま続けていけば、親子ともどもお肌が綺麗になるのかな~って少し希望を持って毎日塗っています。

全身ツルツルのお肌になれればいいなって思ってます。

(富山県 みさちゃんさん)




ヒルドイドクリームは持っていて損はない手荒れの薬だと思います

私は、小学生の頃から手荒れに悩まされ、今まで市販の薬や病院の薬いろいろためしてきました。

手強い手荒れの方には使い分けていただくといいんじゃないかなと実際私が使用してみて思います。

ヒルドイドローションは、さらっとしていてクリーム塗るとベタベタになったら仕事がしにくいとか、さっと軽くでもいいから手に何か塗りたい時にはいいか思います。

ただ、私のようなひどい手荒れの人にはすぐ水のように浸透しまたすぐカサつきますから、ヒルドイドクリームの方が少しベタつきはしばらく残りますがこちらのがいいです。

私の場合でいうと、市販のアベンヌが効くので寝る前はヒルドイドクリームだけだとなんだかまだ乾燥がきになるので、時と場合で使い分けていますが、まずパターン1は、ヒルドイドをぬってそのあとアベンヌをぬります。

パターン2は、ひどすぎる手荒れの時にはヒルドイドをぬって皮膚科のステロイドを塗ります。

ヒルドイドクリームは細長いチューブなので、毎日何回も塗るとすぐ無くなります。

もらえる本数が規定で決められているため、皮膚科でもらえるだけもらい毎日なるべく何回も塗るようにしています。

特に嫌な臭いもなく使いやすいです。

細長いチューブだからバックにも入れやすいです。

ヒルドイドローションをぬり、そのあとヒルドイドクリームを塗るなんてこともたまにします。

持っていて損はない手荒れの薬だと思います。

手荒れし始めた妹にも使わせてあげたら、私ほどひどくない手荒れなので、すぐカサカサが治ったと喜んでいました。

(愛知県 匿名希望さん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ