「2010年12月」の記事一覧(2 / 2ページ)

冬になったら手に入れておきたい保湿クリームはキュレルの潤浸保湿フェイスクリーム

とにかく冬の室内環境はとても乾燥をしていて、スキンケアも相当気にしていないとなかなか肌の荒れを改善する事はできないのです。

特に私の場合冬の肌荒れがとても酷く、こすれたセーターやニット類などでも肌に静電気が発生してしまい、痒くなってしまう為に、フェイスケアは特に念入りにしなければならないのです。

しかしながら、クリーム系との肌の相性はとても悪く、最近はしっとり系のクリームも多いのでべたつきも気になりますし、香料などがあるとそれも気になってしまうのが悩みの種でした。

しかし、妹は様々な化粧品をよく購入していて、肌質が似ている為に参考になる事も多かったのですが、彼女がお勧めしてくれた保湿化粧品がとても気に入ってしまいました。

その保湿ケアのお化粧品はどこでも手に入るキュレルの潤浸保湿フェイスクリームです。

青色のパッケージはとても目につきやすいのですが、ドラックストアでもすぐに手に入りますし、お値段のわりに保湿力が高いのでとても良いのです。

使い心地はさっぱりとしており、ねばつきがないのにしっとりするので今一番気に入っている保湿化粧品です。

セラミドも入っていますので、肌がとても丈夫になりますし、普段からしっかり塗っても痒くならない私には珍しいお化粧品なのです。

(埼玉県 nonnaさん)




コラーゲン入りの乳液で肌がプルンプルン!

コラーゲン入りの乳液はプルンプルンになるから、私はすごく好きです。

化粧水+乳液でコラーゲン入り!というのが、前に出たときには、速攻買いました。

そして、みんなにも使わせてあげました。

割としっとりなのにサラサラ。

使い勝手が良かったので、もう少し長く販売してほしかったです。

たぶん、廃盤になっているので…

そういう商品が多いんですよ。

今まですごく気に入って買って使っていたのに…という感じですよ。

コラーゲン入りだったので、少しでもコラーゲンが入っていたら、肌ってプルンプルンになるんだナー、って、その時はじめて知りました。
かなり、肌の保水が続くので、カサカサとはおさらば出来ます。

肌の表面だけでなく、下の方まで浸透力があるのが年齢肌にはいいでしょう。

若い人なら、化粧水でもはじくので、そんな人なら表面だけのコラーゲンでも十分間に合います。

年齢によって、使う保湿化粧品は変えた方がいいです。

年を取ると、普通のでは全然間に合わないんです。

コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワランなど、貴重な成分が入っているのがオススメ!!

コスメでは、物足りない肌になるので、免疫能力も目に見えて落ちるし、顔についた跡とかも、いつまでもとれないとか、いろいろあるので、サプリメントでとってない人なら、コラーゲン入り乳液が私的にはオススメです。

使うと安心感があります。

(広島県、トコトコさん)




ニベアの青缶は保湿効果もマル、コスパも抜群です。

私のおすすめの保湿化粧品はニベアの青缶です。

オイリー肌なのに乾燥肌、という面倒な肌質の私。

それまでは化粧水の後に乳液を塗っていたのですが、何となくベタつきが気になっており、何かいいものはないかなと探していました。

高級化粧品とほとんど成分が変わらないとネットで話題になったのを機に、もともと手の保湿用に愛用していたので、物は試しと思って顔の保湿にも使い始めたのですが、これがかなりの優れモノでした!

かなりこっくりしたクリームなので、手の保湿に使ったことがある方は、伸びが悪いのではと思われるかもしれませんが、化粧水を塗った上ならすんなり伸びて使い勝手は問題ありません。

香りは気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はむしろ好きな香りなのでこれも問題なし。

そして保湿効果の程ですが、夜のお手入れに使って朝起きた時はつやつや!

これまでだと朝にはベタベタしてとてもそのまま外に出られる肌ではなかったのですが、油浮きがなくさっぱりしているのに、潤いがあって程よい吸い付き感がありました。

洗顔後もつや感があって化粧のりもよかったです。

今は一年中、朝晩ともにニベアの青缶に頼っていますが、肌の調子は良好です。

500円以下で買えるのでコストパフォーマンスも最高だと思っています。

(埼玉県幸手市 tateyokoさん)




ヒアルロン酸の保湿効果。

ヒアルロン酸は、美容に興味のある方は聞いたことがあるかと思います。

よく化粧品に配合され、保湿力が高いことで知られる人気の成分です。

このヒアルロン酸について紹介したいと思います。

ヒアルロン酸は、肌の潤いを保つのに効果的な成分です。

非常に多くの水分を蓄えることか可能で、1グラムで6リットルの水分を保つことができるのです。

ヒアルロン酸は、人の肌の中にも存在しています。

しかし、老化やダメージにより、その量は減少してしまいます。

ヒアルロン酸が減少することで、肌は潤いをなくし乾燥してしまいます。

また、それだけでなく、ハリや弾力の低下、しみの原因となってしまうのです。

肌にとって、ヒアルロン酸は、とても重要な役割を果たしていることが分かります。

肌の中のヒアルロン酸が減り、このようなトラブルが現れた際はどうしたらよいでしょう。

そんな時には、ヒアルロン酸を配合した化粧品やサプリメントでケアをすることで、潤いのある肌に導くことができます。

化粧品に配合されるヒアルロン酸の多くは、動物性で鶏のトサカや、豚の足などに含まれているものを原料としています。

その他にも、植物を原料とするものもあります。

このことからも、安全性の高い成分で安心して使用できる成分なことが分かりますね。

乾燥が気になる方は、一度ヒアルロン酸をスキンケアや食生活に取り込んでみると、肌の違いに気づくかと思います。

また、効果的なスキンケアを続けることで、肌のバリア機能が高まります。

ヒアルロン酸は、多くの化粧品に配合されているので、自身の肌に合う商品を探してみて下さい。

(埼玉県 miiさん)

オールインワン化粧品の効果をアップさせる方法

最近、オールインワン化粧品を使い始めてから、もっぱらそれ1本でスキンケアは済ませています。

私の使っているのは、ラフィネパーフェクトワンという化粧品です。

これが優れもので、これ1つで化粧水から乳液、クリーム、美容液、パック、下地の6役の機能を果たしてくれます。

これ1つでスキンケア完了となるので、時間短縮にもなりますし、なによりコストが安くすみます。

オールインワン化粧品といえば、1つで多機能な役割を果たす優れものの反面、何か物足りないのではと思われる方も多いかと思いますが、使い方によっては、全然問題なく使えます。

私は、鼻すじや額は脂っぽいのに、頬や顎のあたりは乾燥するという混合肌です。

混合肌でオールインワン化粧品を使うのは難しいように思うかもしれませんが、上手に使いこなせば、全然大丈夫です。

私の場合、脂っぽい部分はうすくさっと塗る程度にして、頬や顎の乾燥しやすい部分には重ね塗りをしています。

そうすることで、部分的な問題を解消することができます。

また、乾燥しやすい季節である冬などには、オールインワン化粧品に乳液などを併用したりしてもいいのかもしれません。

ですが、私の場合、冬でも重ね塗りで問題なく過ごせています。

使い方しだいで効果アップのオールインワン化粧品、楽々スキンケアできておすすめです。

(愛知県 タコポンさん)

サブコンテンツ

このページの先頭へ