「2009年12月」の記事一覧

アトピー性皮膚炎に使ったヒルドイド軟膏を使いました。

小学生の中学年の頃、アトピー性皮膚炎で苦しんでいました。

お風呂に浸かったりお布団に入ったりして体が温まると、どうしても掻き毟りたくなるのです。

我慢できずにとにかく掻き毟っていると、出血さえしてきました。

見かねた家族は、自分をお医者さんに連れていくのを決心しました。

その後、皮膚科のお医者さんに診てもらい、アトピー性皮膚炎の診断を受けました。

処方されたのはステロイド剤と白色ワセリン、ヒルドイドソフト軟膏でした。

白色ワセリンは顔全体の乾燥部分に、ヒルドイドソフト軟膏は身体に塗るよう言われました。

ヒルドイドソフト軟膏を塗った後にひどいところ中心にステロイド剤を塗るように指導がありました。

今考えると、ステロイド剤、ヒルドイドソフト軟膏の順序で塗った場合に、ステロイド剤が正常な皮膚にも広がってしまうからですね。

自分は体全体ではなく、肘や膝の裏側などの汗をかきやすい部位にかゆみを感じていました。

ですので、まずはまんべんなくヒルドイドソフト軟膏を塗り、その上からステロイド剤を塗っていました。

ヒルドイドソフト軟膏はとにかく痒みのある広い範囲に塗れるので、子どもの頃の自分にもとても簡単に使っていましたね。

逆にステロイド剤はひどいところ目掛けて塗るって言われましたが、ひざ裏だと見えにくいのでとても大変でした。

しばらく塗り続けていましたが、結局皮膚科に行くのが面倒で放置してしまいました。

大人になっても完治はしませんでしたが、広い範囲に塗れるヒルドイドソフト軟膏の印象はとても良かったですね。

(山梨県 umikonnbuさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ