「ヒルドイドクリーム」の記事一覧

ヒルドイドクリーム、ローションが通販サイトで購入できます。

>>海外製のヒルドイドクリームなら割安で買えます。

>>ヒルドイドクリームの購入はこちら

>>ヒルドイドローションの購入はこちら

ヒルドイドクリームは、皮膚の乾燥を防ぎ、血行を良くしてくれる塗り薬です。

皮膚の深い部分まで成分が浸透するので、皮膚細胞への働きかけによって内部から改善することができます。

皮膚のかさつき、しもやけ、角皮症の他、アトピー性皮膚炎などにも有効です。

ヒルドイドクリーム

また、持続性の高い保湿作用と血行促進作用の他、血液が固まるのを防ぐ作用やうっ血を改善し傷の治りを早くする作用もあります。

そのため、打ち身や捻挫、血栓性静脈炎、痔核などの治療にも用いられます。

使用方法としては、通常1日1回~数回、患部に直接塗擦したり、ガーゼにのばして貼り付けたりします。

じゅくじゅくしている傷口やただれがある場合には、直接の塗らないようにします。

また、目への使用も避ける必要があります。

おだやかな作用の塗り薬なので、ほとんど副作用はないです。

稀に皮膚に発疹や赤みを生じたり、かゆみを感じたりする場合もあります。

ただ、血友病や血小板減少症、出血性の血液のある病気の方は使用を控える必要があります。

クリーム自体は無臭ではなく、若干臭いがあります。

臭いに敏感な人は気になることもあるようですが、嫌な臭いではありません。

伸びがいいので塗りやすく使いやすいクリームです。

高い保湿力があるので、日頃のスキンケアとして使用している人もいるようです。

また、水に溶けやすいクリームですので、化粧水などに溶かして乳液の代わりに使用することもできます。

乾燥肌の悩みも改善する効果も得られます。

また、アトピー性皮膚炎の方でも使えるほど刺激が弱いので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

他の市販のクリームでは刺激を感じる方でも、このヒルドイドクリームなら問題なく使えるといった人も多いようです。

肌の修復作用効果も期待できるので、高い美容美容化粧品と同じぐらいの美容効果を感じることができるといった意見もあります。

肌がしっとり柔らかくなり、みずみずしい美肌になったという人もいました。

ヒルドイドクリームは、傷の修復をサポートし、美容効果も得られるという幅広い効果のあるクリームです。

このヒルドイドクリームは処方薬なので、市販しておらず、通販などで買うことはできませんが、

海外からの個人輸入で購入することができます。

ヒルドイドクリーム海外製

日本の医薬品の逆輸入をしている三牧ファミリー薬局SGと海外の医薬品の個人輸入代行をしているオオサカ堂で購入することができます。

(愛知県 ポリゴンさん)

>>ヒルドイドクリームの購入はこちら

>>海外製のヒルドイドクリームなら割安で買えます。




ヒルドイド軟膏で長年のしもやけも治ってきました。

私は子供の時から、冬になるとよくしもやけができていました。

でも昔は母は、そんな私の指先にはいつも、オロナインを塗ってくれていたのです。

当時は何でもオロナインを塗れば大丈夫と、みんな口を揃えて言っていました。

でも大人になった私は、いいものを手に入れる事ができたのです。

それがヒルドイド軟膏だったのです。

毎年できるしもやけに、生活ができなくなるほど悩んでいたのです。

そんな時、近所にある皮膚科へ行きました。

そこでもらったお薬がこのヒルドイド軟膏だったのです。

白い塗り薬です。

清潔な指にとって気になる患部に塗り込むのです。

優しく塗り込むだけで、よくなっていきました。

保湿力がかなり高くて、私はいつもしもやけができることはなくなったのです。

保湿もされるし、血行も良くなってきたと思います。

しもやけができると塗っていたので、私には欠かせない薬だったのです。

子供の時にも、このヒルドイド軟膏を使っていたらきっとあんなに辛い思いをしなくても良かったのでしょう。

もしもあの時使っていたら、私の指先はいつも保湿されていてしなやかな指になっていたでしょう。

ただ必要以上に使っていると、肌にあまり良くないと思ったのでしもやけが気になった時だけ使っていたのです。

このヒルドイド軟膏は処方箋薬で市販されていませんが、海外からの個人輸入ならば通販で購入することができます。

>>海外のヒルドイドの購入はこちら







手のやけど跡が残らないようヒルドイドクリームを使用していました

私がヒルロイドクリームを使用していたのは、手のやけどをした時です。

その手をやけどしたというのは、高校生の時でした。

火鉢にあたって、手のこうにやけどをしてしまったのです。

そしてその時、激しい痛みと、皮膚がただれてしまったので、病院を受診しました。

病院では、そのやけどの部位に対して、処置を行ってもらうことが出来ました。

その後は痛みについては、だんだんと楽になって、これで治ると安心することが出来たのです。

ところが、心配をしていたのは、母親の方でした。やけどをした時に、そのやけど跡が残ってしまっては辛いと、私のことを心配してくれていたのです。

そして病院でも、ある程度その傷が目立たなくなってきた時に、別の塗布薬を処方されたのでした。

その塗布薬というのが、ヒルドイドクリームです。

その時、傷が赤く残っていた部位に対して、毎日塗るようにと、医師から話されていました。

そのため、その赤く膨れていた部位に、毎日そのヒルドイドクリームを塗ることにしたのです。

私は高校生だったので、そのクリームを塗ったとしても、直ぐに手を洗ったりして取れることもあったので、そのクリームを毎日学校に持参して、時々取れたと思った時には、塗布するようにしていたのです。

すると、その赤くなって盛り上がっていた皮膚のやけど跡が、だんだんと盛り上がりが少なくなってきて、赤みも白っぽくなってきたのです。

その事がわかった時には、そのヒルドイドクリームが効果があったと思って、やけど跡も目立たなくなったので、良かったと思っています。

(香川県、あいさん)

>>ヒルドイドソフト軟膏の購入はこちら




ヒルドイドクリームの保湿力は高級化粧品並みか、それ以上の効果!

30歳の時、初めての子どもを妊娠、出産しました。

その直後から、これまでにない体質の変化を実感することになりました。

30歳という年齢のせいなのか、妊娠・出産を経験したことによるものなのか、それともどちらも原因なのかはわかりませんが、ここは砂漠か!?というくらいに肌が乾燥するようになってしまったのです。

お風呂あがりに化粧水、美容液、乳液と熱心に塗りこんでから就寝したのに、翌朝にはほっぺはカサカサ、唇は割れているという状態に…。

ひどい時など、ほっぺたのカサカサしている部分が赤くあばたのような感じで丸く目立っていました。

なんとか化粧で誤魔化しても、夕方には見るも悲惨な状態に…。

このままではいけないと、CMでも有名な高級基礎化粧品に手を出したりもしましたが、一向に良くなりません。

悩んだ挙句、皮膚科を受診することにしました。

そこで処方されたのが「ヒルドイド」のクリームでした。

ヒルドイドというのは火傷痕にも効果があるような医薬品で、皮膚を保護して新陳代謝を促すような効果があるそうです。

保険適用の医薬品の割には副作用などもなく、安心して使えるということでした。

市販の保湿剤などは試した後だったのであまり期待はしていませんでしたが、その晩からお風呂あがりに顔に塗るようになりました。

すると、なんと翌朝にはほっぺたのカサつきが治まっているではありませんか!

あまりの即効性に衝撃を受けました。

唇のひび割れもなくなっています。

保険適用なので200円ちょっとという格安のお値段で、この効果です。

高級化粧品にお金を払ったのは一体なんだったの!?という感じです。

それからは冬場は毎年皮膚科に行き、ヒルドイドを処方してもらっています。

もう手放すことはできません。

(東京都 みかんママさん)




ヒルドイドローション又はクリームの特徴と注意点

ヒルドイドローションとクリームは医者や看護士、医療関係の人達も使っている程の万能なクリームやローションと言われています。

特にアトピー、炎症、乾燥、美容クリーム、血行促進させる作用もあるためしもやけ、ケロイドや傷の治りを早める、として色んな面で使われており乳液代用としても使われている事があります。

また、乾燥している部分に塗ると保温効果からボディークリーム代わり、アトピーに塗ると収まったりと女性のみならず男性にも愛用できるとの事で進める医者も増えています。

選ばれる大きな理由は、薬局でも病院気軽に手に入りコスパが良く低価格で男女関係なしに使えるため選ばれる事が多いです。

中に顔に塗ったら翌朝肌がツルツルになり、3万円もする乳液よりいいというのが分かっているのと、保温成分が非常に高いため、ニキビやシミ、くすみといった女性特有の悩みも緩和させてくれる働きがあるとされていて小さなお子さんにも使用可能なのも選ばれる大きな理由のひとつになります。

いくら良いからといって使いすぎたりするのは控えましょう。

中には合わないという方もいて、炎症を起こしている部分に塗ったら逆にかゆみや炎症がひどくなったり、ニキビやアトピーを悪化させてしまう事があります。

他にも、妊娠中の女性投与に関する安全性は確立していないと注意書きもされているため使用する際にはしっかりと皮膚科に相談してから扱い、もし悪化した場合は直ちに使用を止める事が大切です。

ヒルドイドはどの種類でも成分は変わりませんが一応薬になるため、副作用の安全性は高くてもでないという事はないため扱う際には注意をしっかり把握し使用する事が大切です。

(住所・愛知県  ニックネーム・Aさん)




ヒルドイドクリームは子どもの乾燥肌によく効きます。

初めてヒルドイドクリームと出会ったのは、子供の肌の乾燥がひどくて小児科に連れて行った時のことでした。

アトピーではないものの、肌の保湿を十分にしないとかいてしまってとびひになる恐れがある、と言われて、ヒルドイドクリームをお風呂あがりにたっぷり塗るように指示されました。

ヒルドイドクリームを毎回塗るのは大変でしたが、伸びやすくて塗りやすいく、乾燥も抑えられて、いやなニオイもしませんでした。

ヒルドイドクリームはとても良い薬だと思いました。

それからは小児科に行くとヒルドイドクリームを何本か余分にもらって、常にストックするようになりました。

乾燥肌の子供はもちろん、大人の私もカサカサするとヒルドイドクリームを使っています。

ある日ネットで、ヒルドイドクリームを普段の顔のお手入れに使っている、と言う女性の記事を見て、よくよく検索してみると同じような人が結構いました。

夏場にヒルドイドクリーム塗るのはクリームなので少しベタベタするけれど、冬場はしっとりして良い感じになります。

また、最近足をぶつけてしまって大きなアザが出来たのですが、確かヒルドイドは外傷(打撲,捻挫,挫傷)後のアザにも効果があったはず…と思ってお風呂上りに塗っていたら早く治った気がします。

あくまでも個人の感想ですが。

そんなわけで、我が家では、大きくなった子供達も肌が乾燥する時期になると自分からヒルドイドクリームを塗っているし、私も使っていて、とても身近な薬です。

子供達が大きくなったので、なかなか小児科に行く機会もなくなってしまったのでヒルドイドクリームのストックがなくなってしまいそうなのが現在の悩みです。

子供の分として処方してもらうと、安く済むのも大きなメリットですよね。

(千葉県 ひなこさん)




ヒルドイドクリームでカサカサ肌が改善しました。

ヒルドイドクリームには長年お世話になっています。

私は皮膚科で働いていたことがあるのですが、皮膚科でもお馴染みの保湿クリーム。

ただ、ローションかクリームか軟膏では肌のカサカサ程度によっては合う合わないがあり、私にはクリームが一番合いました。

子どももカサカサ肌になって、ヒルドイドのローションを処方されたことがありますが、カサカサに追い付けなかったのか、最終的にクリームの方を処方して頂きました。

やはり、子どももクリームが合ったようで、カサカサするとヒルドイドクリームを塗ります。すぐにカサカサが改善されます。

冬の間、乾燥が激しいのでお風呂上がりには子どもには全身塗ります。

私はカサカサの部分に塗ります。

妊娠中は、お腹の下の方がカサカサが酷かったので、お風呂上がりと朝の2回、塗っていました。

お風呂上がりと朝の2回塗っても、追い付かないほどカサカサが酷い時は、カサカサ痒い時に塗っていました。

お腹がぽんぽこぽんになっていた時は塗りやすかったです(笑)

お腹だけでなく、顔にも安心して塗れるので助かります。

うっかり、顔用の美容クリームを切らしてしまった時は臨時に顔に塗ります。

保湿は大事ですからね!

子どもの肌トラブルで皮膚科を受診すると、多くは保湿が足りないと言われます、

夏でも、汗疹でもないような肌トラブルで受診した時にも、保湿が足りないと言われ、お薬とヒルドイドクリームを混ぜたものを処方されました。

保湿は本当に大事です。

私も子どもも(時々夫も)、ヒルドイドクリーム様様です!

(愛知県 くんたまさん)




ヒルドイドローションは安くて効果抜群の保湿剤です。

子どもの肌がカサカサになりやすく病院に行ったところ顔も体にも使えるヒルドイドローションを処方されました。

使用方法は、起床時などちょっとカサついているかなと気になったときに頻繁に使っていました。

ローションタイプはさらっとしているので肌に付けてもすぐになじむ感じで子どもが嫌がることもなく塗りやすいのですごく便利でした。

伸びがいいので広範囲をすぐに塗れるのも、じっとしていない子どもに使うのにとても助かりました。

また手にもべたつかないのでどこでも使いやすいのが良かったです。

ですがローションタイプはさらっとしている分、すぐに乾燥してしまう気がします。

何度も塗る必要があるので、面倒だと思う方はローションではなくクリームの方がいいかな、乾燥し始めなどに使うと良いかなと思いました。

私も肌の乾燥がひどくなってしまったときは、病院でクリームタイプにしてもらいお風呂上りにたっぷり塗って使っていました。

クリームにしてからはベタベタしてちょっと子どもが嫌がったり洋服についてしまうことがありましたが、早く乾燥肌を治してあげるのには必要かなと思いました。

実際お風呂上がりの保湿をローションからクリームにしたことで、子どもの肌の潤いが断然に戻ってきました。

長時間保湿が続くようで最初が面倒でもあとあと楽になる感じです。

市販の保湿剤を使うより保険適応なので、安いですし子どもなら無料で処方されて顔にも使用できるヒルドイドはかなりおすすめできます。

(東京都 みーちゃんさん)




アトピーの傷跡がヒルドイドを塗ることで薄くなった気がします。

アトピー性皮膚炎のため皮膚科に年2回ほど行っています。

そこで必ず処方されているのがヒルドイドです。

乾燥するとかゆみが増し、掻き毟ったところが体質のせいか傷跡となって残りがちなのですが、ヒルドイドを塗ると肌が保湿されかゆみが起きにくくなります。

そして、古い傷跡にも塗っているのですが塗っていなかった箇所と比べて傷跡が薄くなったような気がします。

使用感としてはローションタイプが伸びが良く体全体にまんべんなく塗るのに適しています。

クリームや軟膏はよりしっとりした使用感でひじ・ひざ乾燥の気になるところに重ねづけすると良いです。

においもなく、ベタツキもさほど気になりません。

私のアトピーはだいたいヒルドイドで抑えられているようす。

油断してヒルドイドを塗らないでいるとかゆみが出てくるのでなるべく塗り忘れないようにしています。

そして、アトピーがひどいとき処方されていたステロイドは長期使用すると副作用があるときいていたので使用に対して不安もありましが、ヒルドイドは長期使用しても副作用がないという点でも安心して使用できます。

(秋田県 ぴんぽんぱんさん)

手が冬の乾燥でひび割れて痛かったのでヒルドイドクリームを処方してもらいました。

初めてヒルドイドクリームを処方されたのは、手が冬の乾燥でひび割れて痛かったときです。

主婦の手荒れに処方するハンドクリームということで先生が出してくれました。

ヒルドイドクリームはにおいが少し臭いのですが、保湿効果はかなりあります。

そして手の乾燥がなくなってくるとひび割れも改善していきます。

血行を促進してくれる作用があるみたいなので、手荒れも早く改善するみたいです。

口コミを見てみると、ヒルドイドクリームで目の下のクマが改善したというものを発見しました。

血行を促進してくれるからなのかな?と思いました。それから傷跡の治りが早くなるとか、ニキビが治ったなんていう声もありました。半信半疑ですが、今ちょっと試しています。

顔の乾燥を防ぐという面では、クリームは伸びがあまり良くないのでローションがおすすめです。

ローションはアトピーの人も保湿に使っているみたいで、敏感肌でも安心して使えます。

乳液みたいな感じのもので、少量でかなり保湿力があります。これを使用してからは粉をふくことはありませんでした。

クリームとローションを上手に使い分ければ、冬の乾燥肌をしっかり予防できるのがヒルドイドだと思います。

ただ、皮膚科で処方してもらう場合はそれなりに病名も必要だと思うので、乾燥がひどくてかゆくなって困っているとか、明らかに手が荒れているとかでないと処方してもらうのは難しいかもしれません。

肌荒れで悩んでいる人は一度皮膚科で相談してみてください。

(大阪府 みるくぱんださん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ