「ヒルドイドローション」の記事一覧

ヒルドイドローションがアトピーの保湿に便利です。

子供たちがアトピー傾向にあるため、いろんな塗り薬を塗っていますが、ヒルドイドローションは、お手軽感があって便利です。

ヒルドイドローションとヒルドイドソフト軟膏

ちょっと乾燥しているところなんかにさっと塗れるのがいいですね。

サイズもちょうどいいし、持ち運びしやすいのもポイント。

それにパッケージがピンクなのも、医薬品なのにやさしい印象で、密かに気に入ってます。

形態もローションなので、広範囲に塗ることが多い子供たちも、ベトベト感がなくて嫌がるそぶりはありません。

塗るときもお風呂上りなどでバタバタしていることが多いけど、さっと塗れるところが助かる!

ただ、アトピーの程度によってはしみる時があるみたいで、そういうときはワセリンに切り替えたりします。

でもそれだとベトベト感が子供にとっては嫌みたい。(肌はよくなるんだけど…難しいなぁ)

ちなみにヒルドイドソフト軟膏の方はあまり使用していません。

なぜだろうって、今まであんまり考えたことなかったけど、まず処方されることが少ない。

処方されたことが全くないわけではないけど、ローションでは保湿しきれなそうなときはもう、ワセリンに行っちゃう。

量が多そうで、一度にたくさん使うから、ヒルドイドソフト軟膏だとすぐなくなっちゃうのもマイナスポイントだったのかもしれません。

ヒルドイドソフト軟膏は少しの範囲に使用する方には丁度いいのかもしれませんね!

(大阪府 エマさん)

>>ヒルドイドローションの購入はこちら

>>ヒルドイドソフト軟膏の購入はこちら




肌が乾燥する時にヒルドイドローション使っています。

ヒルドイドローションは、今現在も私は使っているのですが、とても良い薬です。

私はアレルギーを持っていて、アトピーがあり、冬場などは肌の乾燥がひどく、アトピーの症状が悪化してしまうというケースが結構あります。

ですので、このヒルドイドローションは常にお風呂上りに毎日塗るように、皮膚科の主治医に言われているのですが、こちらのヒルドイドローションを塗っていると肌がしっとりするのか、皮膚のアトピーの症状が悪化することはあまりないです。

ヒルドイドローションは薄く延ばして使いますが、顔だったり、色々な部位に使うことができますので、とっても便利です。

腕や脚、体はもちろんですが、さらに顔にも塗っています。

そうすることにより、あまり湿疹が酷くならずにいますし、アトピーの湿疹がひどいときもこちらのヒルドイドローションを塗るととってもましになります。

他の軟膏などはベタベタすることも結構あるのですが、こちらのヒルドイドローションは全くベタベタしないのでさらっとしていて使い心地がいいので手などにも塗ることができますし、べたつきません。

さらに、軟膏の場合は白くなる場合もありますが、こちらのヒルドイドローションは白くならないので、顔などにも遠慮なく塗ることができるのがいいです。

(大阪府 ユウさん)

>>ヒルドイドローションの購入はこちら




冬のカサカサやひび割れにヒルドイドローションが効果的です。

もう長年この体と付き合っていますが、毎年毎年冬の季節は辛いです。

空気の乾燥からくるのかどうかはわかりませんが、冬になると肌の乾燥がひどくて毎年辛い思いをしています。

カサカサでひび割れ気味になることもあり、赤くなったり痒くなったりします。

本当に冬の時期は乾燥肌に悩まされています。

余りにも辛いので皮膚科を受診してもらった薬を常時使ってしのでいるのですが、その薬が高いこと高いこと。

薬の名前はヒルドイドローション。

ピンクのキャップで白い容器の可愛い薬なのですが、効果も良くて使えばだいぶ楽にはなるのですが。

何よりも値段が高くて無駄にはできません。

薬局で200gもらっていましたが、あっという間に札が消えて行きました。

ただのローションなのに、なんでこんなに高いのかしら。

まぁ、市販の乳液や保湿材などと比べれば断然効果はいいので何とも言えない気持ちになります。

いま話題のジェネリックにすると、値段がだいぶ安くなりますよって薬局でいわれましたが、どうもジェネリックというものに抵抗が有る私。

そのときはとりあえず「先発品のヒルドイドローションでお願いします」といいましたが…。

毎年毎年この出費は財布に痛いので、次からはジェネリックにしてみようかと悩み中です。

使い勝手は同じでしょうか。

ご存知の方がいましたら教えて頂けると嬉しいです。

(北海道 O・Tさん)

>>ヒルドイドローションの購入はこちら




ひどい乾燥性湿疹の炎症が治まった頃に処方されるヒルドイド

息子が皮膚科で大量にいただいたヒルドイドローションとヒルドイドクリーム。

ひどい乾燥性湿疹で皮膚科に通っていると、ステロイド配合のクリームで炎症が治まったころに、処方されるのがヒルドイドなのです。

ステロイドも入っていないし、皮膚科でくれるのだから肌に優しいのだろう、とお風呂上がりのボディーローションとして私も拝借することに。

私も肌が乾燥すると、痒くなってしまって冬場は高価なボディーローションを塗りたくり、保湿入浴剤に浸からないとだめなタイプだったのです。

使ってみてびっくりです。これまで使ってきたどのボディクリームよりも潤います。

ヒルドイドクリームは多少べたついてのびが悪い感じです。

ヒルドイドローションはさらっとした塗り心地でよくのびます。

使用感に差はありますが、クリームもローションも保湿力は同じ感じです。

毎日お風呂上がりに塗りこむと、お肌はすべすべになってもう手放せません。

皮膚科のお医者さん自身や看護士さん達も、乳液やボディークリームの替わりにヒルドイドを使っている方も多いのだそうですね。

ヒルドイドは最強の保湿剤だという触れ込みも見かけました。

その声はあながちウソではありません。

ただ、気をつけていただきたいことがあります。

肌に優しいといっても、やはりヒルドイドが合わない人はいるのです。

稀に接触性皮膚炎つまりかぶれてしまう人もいます。

実は私の息子がそうでした。

脱ステロイド剤ということで、ヒルドイドを大量に処方されましたが、塗り始めたその日から息子の肌は悪化の一途。

しっとりしているけれど、ブツブツが出来て赤くなり「お水がしみる。」と涙目になってしまうほどでした。

皮膚科で「確かに合わない人もいるのよね。」と言われ、その後息子には処方されることはなくなりました。

ということで、大量に残ったヒルドイドは今年の冬の私に欠かせないアイテムとなったのです。

(千葉県 ぴよこさん)

>>ヒルドイドクリームの購入はこちら




子どものアトピー肌にノンステロイドのヒルドイドローションを使用しました。

子供がアトピーっぽいので病院へ行って来ました。

でもわたしはアトピーを治す薬としてステロイドを使いたくないので、その皮膚科の先生に何か他のもので薬を出して欲しいとお願いしたところ、ヒルドイドローションが処方されました。

その病院では、漢方薬などを主なメインとして塗り薬を処方する病院だと聞いていたので、ヒルドイドローションのボトルを見たときに、荒れれ?薬っぽいなぁと思ったのですが、ステロイド等は入っていないとのことで、乾燥対策にこのヒルドイドローションを処方したので赤ちゃんにも安心して使った大丈夫ということだった。

そしてついでになのですが、赤ちゃんと一緒に私も皮膚の乾燥で相談したところ、同じようにヒルドイドローションを使ってくださいとのことで、親子で使うことになりました。

親子で使えるローションっていいですよね。

赤ちゃんにも大丈夫ならほっと一安心でした。

使ってみたところ、水分を肌にしっとりと浸透させている感じで刺激等は全くなく、塗った後はしっとりしていますが、病院ではそれだとすぐ水分が蒸発してしまってまた乾燥を引き起こすということでその上にプロペドという皮膚膜代わりの塗り薬を塗るように処方されました。
刺激もなくってしっとりするだけなので、安心です。

赤ちゃんは肌のバリア機能が低く、乾燥がアトピーを誘引している可能性が高いので、アトピーと呼ぶよりかは、肌の未成熟さが原因だからこのローションを塗っている程度で対処すれば大丈夫とのことだった。

あまり過剰な薬は使いたくない私の育児にぴったりのお薬でした。

(北海道・ぴぴりかさん)




ヒルドイドローション又はクリームの特徴と注意点

ヒルドイドローションとクリームは医者や看護士、医療関係の人達も使っている程の万能なクリームやローションと言われています。

特にアトピー、炎症、乾燥、美容クリーム、血行促進させる作用もあるためしもやけ、ケロイドや傷の治りを早める、として色んな面で使われており乳液代用としても使われている事があります。

また、乾燥している部分に塗ると保温効果からボディークリーム代わり、アトピーに塗ると収まったりと女性のみならず男性にも愛用できるとの事で進める医者も増えています。

選ばれる大きな理由は、薬局でも病院気軽に手に入りコスパが良く低価格で男女関係なしに使えるため選ばれる事が多いです。

中に顔に塗ったら翌朝肌がツルツルになり、3万円もする乳液よりいいというのが分かっているのと、保温成分が非常に高いため、ニキビやシミ、くすみといった女性特有の悩みも緩和させてくれる働きがあるとされていて小さなお子さんにも使用可能なのも選ばれる大きな理由のひとつになります。

いくら良いからといって使いすぎたりするのは控えましょう。

中には合わないという方もいて、炎症を起こしている部分に塗ったら逆にかゆみや炎症がひどくなったり、ニキビやアトピーを悪化させてしまう事があります。

他にも、妊娠中の女性投与に関する安全性は確立していないと注意書きもされているため使用する際にはしっかりと皮膚科に相談してから扱い、もし悪化した場合は直ちに使用を止める事が大切です。

ヒルドイドはどの種類でも成分は変わりませんが一応薬になるため、副作用の安全性は高くてもでないという事はないため扱う際には注意をしっかり把握し使用する事が大切です。

(住所・愛知県  ニックネーム・Aさん)




ヒルドイドローションは病院処方の最強保湿クリーム

病院でもらう保湿クリームの代表といえば、「ヒルドイドローション」です。

ピンク色のパッケージのクリームで、子供を持つ人なら、一度は目にした事があると思います。

赤ちゃんに、使用しても大丈夫なくらい刺激が少なく、ばっちり保湿もしてくれます。

息子も、小さいころから、乾燥が本当にひどくて、このクリームにお世話になっています。

今でも、冬になると、病院で処方してもらって、使用しています。

このクリーム、そのへんの保湿化粧品よりも、かなりの保湿効果があります。

息子の乾燥肌を治すためと朝、晩の1日2回、一生懸命、このヒルドイドクリームを塗っていたのですが、なんと、気付いたら、私の手も保湿されて、すごくしっとりして綺麗な状態を保っています。
手だけですが、若い頃に戻ったようです。

そして、息子の乾燥肌も、このクリームを塗っているとなんとか、治まります。

ちょっと、油断して、忘れてしまうと、次の日にはカサカサ肌になっていますが。

かなりの保湿力なので、化粧品代わりに使用している人も多いようです。

病院で処方してもらえば、かなりリーズナブルに手に入るので、とてもお得です。

このクリームですが、化粧品のように、クリームタイプとローションタイプと2種類あり、それぞれ、使い分けもできるようです。

冬は、しっかりと保湿をしたいので、クリーム。

夏は、すっきりとローションというように、使用することもできます。

このヒルドイドローション、赤ちゃんを含め、家族みんなで使えるので、とても便利です。

乾燥に悩んでいるなら、病院で一度、処方してもらうといいかもしれません。

皮膚科だけでなく、小児科でも、扱っています。

(東京都 わかごんさん)



ヒルドイドローションは安くて効果抜群の保湿剤です。

子どもの肌がカサカサになりやすく病院に行ったところ顔も体にも使えるヒルドイドローションを処方されました。

使用方法は、起床時などちょっとカサついているかなと気になったときに頻繁に使っていました。

ローションタイプはさらっとしているので肌に付けてもすぐになじむ感じで子どもが嫌がることもなく塗りやすいのですごく便利でした。

伸びがいいので広範囲をすぐに塗れるのも、じっとしていない子どもに使うのにとても助かりました。

また手にもべたつかないのでどこでも使いやすいのが良かったです。

ですがローションタイプはさらっとしている分、すぐに乾燥してしまう気がします。

何度も塗る必要があるので、面倒だと思う方はローションではなくクリームの方がいいかな、乾燥し始めなどに使うと良いかなと思いました。

私も肌の乾燥がひどくなってしまったときは、病院でクリームタイプにしてもらいお風呂上りにたっぷり塗って使っていました。

クリームにしてからはベタベタしてちょっと子どもが嫌がったり洋服についてしまうことがありましたが、早く乾燥肌を治してあげるのには必要かなと思いました。

実際お風呂上がりの保湿をローションからクリームにしたことで、子どもの肌の潤いが断然に戻ってきました。

長時間保湿が続くようで最初が面倒でもあとあと楽になる感じです。

市販の保湿剤を使うより保険適応なので、安いですし子どもなら無料で処方されて顔にも使用できるヒルドイドはかなりおすすめできます。

(東京都 みーちゃんさん)




アトピーの傷跡がヒルドイドを塗ることで薄くなった気がします。

アトピー性皮膚炎のため皮膚科に年2回ほど行っています。

そこで必ず処方されているのがヒルドイドです。

乾燥するとかゆみが増し、掻き毟ったところが体質のせいか傷跡となって残りがちなのですが、ヒルドイドを塗ると肌が保湿されかゆみが起きにくくなります。

そして、古い傷跡にも塗っているのですが塗っていなかった箇所と比べて傷跡が薄くなったような気がします。

使用感としてはローションタイプが伸びが良く体全体にまんべんなく塗るのに適しています。

クリームや軟膏はよりしっとりした使用感でひじ・ひざ乾燥の気になるところに重ねづけすると良いです。

においもなく、ベタツキもさほど気になりません。

私のアトピーはだいたいヒルドイドで抑えられているようす。

油断してヒルドイドを塗らないでいるとかゆみが出てくるのでなるべく塗り忘れないようにしています。

そして、アトピーがひどいとき処方されていたステロイドは長期使用すると副作用があるときいていたので使用に対して不安もありましが、ヒルドイドは長期使用しても副作用がないという点でも安心して使用できます。

(秋田県 ぴんぽんぱんさん)

ヒルドイドでお肌がしっとり、もちもちになります。

ヒルドイドクリームとヒルドイドローションとの出会ったきっかけですが、赤ちゃんの乳児湿疹の際に、保湿剤として出されたとき、薬剤師さんが、これは、お母さんの化粧下地にもつかえますからね、とおっしゃられたことです。

その夜、子どもに塗り終わったあと、物は試しにと、手についたあまったクリームを顔にぬってみたところ、なんと、もちもちピカピカ!パッティングしてみると、肌がてのひらに吸い付くようになるのです。

ヒルドイドクリームはすごく水を抱く性質があるように感じました。

翌朝の化粧ののりもよく、化粧下地なしでファンデーションを軽くぬっただけでマットだけど、血色のよいつやつやした肌になりました。

おすすめな使い方ですが、夏はローションを使い、冬はクリームを使います。

ローションは使い心地はさらりとしているのにべたつかず、夏でもしっかり保湿ができますので重宝しています。

クリームは冬の乾燥肌に一発でききます。

湯上がりにうすく伸ばすだけで、あっというまにモチモチな肌になるのです。

のびがよく、薄くつけても効果がありますのでとても経済的です。

ワセリンよりもべたつかず、肌なじみがよいですよ。

ヒルドイドクリームの注意点ですが、水でなかなか落ちないということ。

以前、ヒルドイドクリームをプラスチックの製品にあやまって大量につけてしまったとき、こそげて水であらっても、クリームの油分が水を弾いてしまいなかなかおちずに難儀しました。

服についた場合もご注意です。

(東京都 練馬区 ゆあさママさん)




サブコンテンツ

このページの先頭へ